本文へスキップします。

H1

AAC2007アーカイブ

コンテンツ

概要

【募集内容】

マンションのエントランスホールに展示する立体アート

展示場所:ステージファースト両国南アジールコート(東京都墨田区)のエントランスホール
サイズ:約横幅1,200×奥行600×高さ1,950(mm)におさまるもの
重量:約150kg以下
素材:長期展示に耐えうる素材(石・鉄・FRP等)電源供給を必要とする作品は不可

【賞】

最優秀賞(1点)100万円
優秀賞(2点以上)20万円
入選(8点)5,000円分の図書カード

【審査員】

南條 史生(森美術館館長)
佐谷 周吾(ギャラリスト、シュウゴアーツ代表)
西沢 立衛(建築家、ライター)
児島 やよい(キュレーター、コーディネーター、ライター)
服部 信治(主催会社 代表取締役社長)

【スケジュール】

募集期間:2007年5月~7月31日
一次審査:2007年8月21日
最終審査:2007年10月3日

【応募総数】

36作品

最優秀賞

最優秀賞
              

「Balance -from a division body-」
 岩田 秀和

東京藝術大学大学院
美術学部 彫刻専攻 研究生  

受賞者のコメント
今回、AAC2007を振り返り率直に感じたことは、まず一つ、芸術家としての仕事をもう一度見つめ直さねばならないということである。制作過程において常に起こる「矛盾」というものに対し、私たち芸術家たちは一つ一つ解決していかなければならない。
今回のようなコンペティションでは、それを限られた時間の中でベストに近づけなければならないのだ。制作からプレゼンに至るまで、責任の持てる仕事というものへの意識を強く実感したコンペだった。
そして次に、彫刻家としての仕事というものへの可能性を見いだせるきっかけになれたということである。 現在のアートシーン、社会の中で彫刻家が生き抜いていくことは非常に難しく厳しい。その中でどう社会に切り離されることなく彫刻家としてのポジションを確立していくのか、その糸口をこのコンペで見つけることができ、自分の彫刻への視野をさらに広げることができたと感じている。
このように、私はAAC2007で芸術家として、彫刻家としての自分をもう一度見つめ直すよい機会が与えられたと感じている。この経験を今後の自分に活かしていきたい。

優秀賞

優秀賞
         

「経過する時間」
  小泉 悟

沖縄県立芸術大学
  造形芸術研究科 環境造形専攻 彫刻専攻 修士1年

受賞者のコメント

この度はAAC2007に参加させて頂き有り難うございました。
 一時審査から最終審査まで2ヶ月間を振り替えるといままでにはない内容の濃い時間でした。木材を選び、制作開始から搬入まで葛藤しながらも自分の求めるカタチや色彩を追い何とか最終審査日までに作品を送ることが出来ました。マンションに設置ということで公園や駅などの人の行き交う公共の場とはまた違った彫刻のあり方について考えるきっかけとなりました。また、最終審査で賞を頂いたことよりも代えがたい経験と多くの人達との出会いがあったことがなりよりの収穫でした。
 今回の経験と時間はこれから彫刻を続けるにあたっての重要なポイントとなり、生き続けていくと思います。 

優秀賞

優秀賞
         

「ゆるり」
井川 彩子

東京藝術大学大学院
工芸学部 ガラス造形専攻 修士2年

受賞者のコメント
かねてから、建築空間における美術というものに興味がありました。
より、人に近く、日常に近く、彫刻を置こうというコンペティションで、優秀賞を頂けて光栄です。
在学中に学べる事は、多くあります。しかし、社会との接点が欠けているようにも思えます。
そのような機会を持たせてくれたこのコンペでは、審査員の方や建築に関わる会社の方々に、多くの意見を聞くことが出来て、勉強になりました。
何より、面白くてしょうがなかったです。
今後の制作におけるヒントを多くもらった気がします。本当にありがとうございました。

入選

8点応募順

   
「いのちのありか」 前川 里菜
神戸大学大学院 人間発達環境研究科 人間表現論講座 修士1年
「時」 塩井 一孝
福岡教育大学
教育学部 生涯スポーツ芸術課程 芸術コース(立体構成) 3年
「Helix time」 佐々木 希
多摩美術大学大学院 美術研究科 彫刻専攻 修士1年
「好奇心~戸惑い~」 片井 彩露
九州産業大学 芸術学部 造形・彫刻コース 3年
「つながり」 鈴木 悠平
名古屋造形芸術大学 造形芸術学部 総合造形1年
「Point of departure」 吉田 朋世
大阪芸術大学大学院 美術研究科 彫刻専攻 修士1年
「きみの眠る間に」 稲葉 友宏
文星芸術大学大学院美術学部 彫刻科 修士2年
「ツル」 川口 幸一郎
大分大学 教育福祉科学部 学校教育課程 教科教育コース 美術専修 2年

エディタV2

最終審査・表彰式・懇親会の様子

  • 審査会・表彰式・懇親会の様子1
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子2
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子3
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子4
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子5
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子6
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子7
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子8
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子9
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子10
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子11
  • 審査会・表彰式・懇親会の様子12
  • サムネイル1
  • サムネイル2
  • サムネイル3
  • サムネイル4
  • サムネイル5
  • サムネイル6
  • サムネイル7
  • サムネイル8
  • サムネイル9
  • サムネイル10
  • サムネイル11
  • サムネイル12